レーザーでゴム印を制作(レーザー彫刻)

100円ショップで買った浸透印タイプの『速達』印のインクが切れてしまったので、レーザーでゴム印を作ることにしました。

本来なら、ゴム印の取っ手の部分=台木が必要になのですが、問屋から仕入れるのも手間なのでアクリルで作ることにしました。

まず、作るゴム印の大きさに合わせて、アクリルでパーツを作ります。
パーツの一部がくびれているのは、ゴム印の上下の判別用です。




次にアクリル接着剤で台木を組み立てます。
自分用なので、手を抜いています。




適当に組み立てすぎました・・・




次にゴム印をレーザーで彫刻します。

これが彫りあがったゴム部分です。



初期型のバーサレーザーは、彫刻面に模様が入るというクセがあったのですが、現行型で最新のドライバーを使えば、模様は殆どなくなります。
もちろん、レーザーのパラメーターを、"きれいに彫れる" ように設定しなければなりません。

下が初期型のドライバーで加工した時のものです。
横線が、上から下まで続いているのがわかります。




ゴムと台木を両面テープで接着して完成です。
今日から早速使用しています。



詳細はレーザーワークスまで