レーザーによるガラス彫刻 (レーザーエッチング) Part2

今回は、ロータリーフィクスチャ(以下RF)を使ってグラスへ加工を行いました。

材料は、ソーダガラス製、ソーダガラスのイオン強化グラス、カリクリスタルという3種類の材料を試しました。

ちなみに画像はもっとも一般的なソーダガラス製です。

フォーカスレンズはノーマルレンズとHPDFO(ハイパワー高密度レンズ)の2通りを試しました。

まず、ロータリーアタッチメントをレーザー本体にセットします。


ホットプラグ対応なので、RFをセットするとレーザー本体が自動でRFを認識します。
認識後、コントロールパネルでZ軸のキャリブレーションを行います。

その後、材料であるグラスをRFにセットします。

この時、センターのズレが起きないよう慎重にセットしてやります。

後は、データを作成し、通常通りスタートをしてやれば、写真のように加工が始まります。

加工部位が荒めの磨りガラス状になって、出来上がりです。


と、簡単に記述しましたが、実はデータの作り方とプリンタドライバの設定にコツがあります。

同じユニバーサル社製のレーザーで加工したからといって、同じ仕上がりにはなりません。

適当な設定で安易に、ガラスにレーザーを当ててしまうと加工部位はガラスが薄くめくり上がって、手で触るとガラスの細かい破片でチクチクします。

見た目も磨りガラスのようにならず、商品価値としては?という感じになってしまいます。

特に安価なソーダガラス製のグラスを使うと、その症状が顕著に現れます。

ということで、データの作り方とプリンタドライバの設定は、当社のノウハウということで、当社のユーザー様限定の情報となっております。

あしからずご了承ください。

詳細はレーザーワークスまで。