ホーム > レーザー加工ブログ > ソフトウェア , 写真・グラフィック > レーザー描画用画像処理ソフトウェア 1-Touch Laser Photo™ をリリース
レーザー描画用画像処理ソフトウェア 1-Touch Laser Photo™ をリリース


このたび、米国ユニバーサルレーザーシステムズ社製レーザー加工機専用のレーザー描画用画像処理ソフトウェア 『1-Touch Laser Photo™』(ワンタッチレーザーフォト)がリリースされました。


1-Touch Laser Photo (ワンタッチレーザーフォト)は、写真などの画像データを市販の画像処理ソフト(Adobe Photoshop™等)を使わずに、レーザーマーキング/レーザー彫刻に適したフィルタリング処理を行うことができます。 また、フィルタリング処理は素材となる材料ごとに選択することが可能です。
(素材に合わせたフィルタリング処理)

ご希望であれば、バーサレーザーの設置時に、 .NET Framework Version 2.0を含めた1-Touch Laser Photo(試用版)を当社にてインストールいたします。
ただし試用制限が30日間になります。継続して使用される場合は、代金をお支払いいただき、正規IDとパスワードをご購入ください。ご購入後、インターネットによるライセンスのアクティベーションを行っていただくことにより継続利用が可能になります。対応言語は英語のみですが、当社のサポートページで日本語マニュアルがダウンロードできます。 

※お使いのパソコンのシステム環境によって、ご利用いただけない場合がございます。
※ロータリーフィクスチャ/ガラス加工には対応していません。

1-Touch Laser Photoのご利用手順


1)写真等の画像データを1-Touch Laser Photoに読み込みます。



2)加工したい範囲をトリミング(切り抜き)します。



3)画像がトリミングされます。



4)加工サイズに合わせて大きさを調整し、ドロップダウンメニューから加工対象となる素材を選択し、フィルタリング処理を行います。
下図は、皮革マーキング用に処理を施したものです。



5)最後に、プリントボタンをクリックし、UCP(ユニバーサルコントロールパネル=レーザー制御ソフト)へ転送し、準備完了です。後は、通常の手順でレーザー加工を行うだけです。



1-Touch Laser Photo (ワンタッチレーザーフォト)に関するお問い合わせは、レーザーワークスまで